不動産売買のケーススタディ

ケース1 相続した実家の売却を相談

相続したご実家をご売却されました。
複数社に査定のご依頼をされていらっしゃいましたが、対応の速さをご評価下さり、弊社と専任媒介契約を結んで頂きました。
ご立派なお家でしたが、老朽化で傾きも見受けられたため、土地としてご売却をご提案致しました。
税金の控除のことも踏まえ解体更地渡しで販売活動を開始し、早期でのご売却に至りました。

ケース2 住み替えを考え自宅の売却を相談

高台の団地に住んでいらっしゃいましたが、老後のことを考え平地に住み替えようと思い売却をご検討されていらっしゃいました。
住み替えに対して不安や迷いもおありでしたが、住み慣れた環境を変えるのですから、それは当然のことだと思います。
ですので、そういった気持ちを汲んで、ある程度の期日を決めたうえで焦らずじっくりと考えて頂く時間を作りました。
複数社に査定のご依頼をされていらっしゃいましたが、対応や印象をご評価下さり、弊社と専任媒介契約を結んで頂きました。

ケース3 活用していない土地の売却を相談

ご自宅近くにご家族が土地を所有されていらっしゃいましたが、活用していない土地に固定資産税を払い続けるのも勿体ないと思い売却をご検討されていらっしゃいました。
広い土地で、個人での購入は中々難しいと思われたため、事業用地または収益用地としてのご売却を案として査定させて頂きました。
一括査定サイトを利用し複数の会社にご相談されていらっしゃいましたが、対応・条件をご評価下さり、弊社と専任媒介契約を結んで頂きました。
事業用地や収益用地としてみた場合、購入者にとっては今後その土地を活用して利益を出していかないといけないため比較的シビアな価格設定になることもありますが、結果としてアパート用地として売主様のご希望に沿った金額でのご売却に至りました。

ケース4 他社でなかなか売れない不動産の売却を相談

他社で媒介契約を結んでいるが中々売れず困っているということで、弊社のチラシを見てご相談下さいました。
なぜ中々売れないのかを検証して今までと違う売却方法をご提案し、一般媒介契約でご協力させて頂く事になりました。
結果として全て弊社経由でご売却に至りました。