不動産買取する7つのメリット

メリット1 スピーディー!最短4日で現金化!

契約までが短期間なので現金化が早いです。仲介の場合は買手を探すため広告活動・販売活動に要する時間が必要になりますが、買取ならすぐに契約でき、最短4日で現金化が可能です。

メリット2 仲介手数料0円

業者買取なので不動産仲介で掛かる仲介手数料(売買代金x3%+6万円)がかかりません。
(不動産仲介の場合、2000万円の物件を仲介で売却すると、66万円の仲介手数料が掛かります)

メリット3 維持費が不要になる

使っていない土地を所有していると固定資産税や都市計画税などの税金を支払う義務が発生しますが、売却することでこれらの税負担を減らせます。また、建物は劣化しますので、定期的にメンテナンスが必要です。
使用していない建物であっても、年数が経つごとに劣化していきます。買取依頼することで維持費の必要性がなくなるので、その分負担が軽減されます。

メリット4 周りに知られずに売却できます。

不動産仲介の場合は買手を広く募集するために広告の掲載をしますので売却の事実を周囲に知られてしまいます。買取の場合は広告活動をしないため周りに知られずに売却できます。
買主に対するアフターフォローも不要で、クレームも一切ありません。

メリット5 手間要らず!

不動産仲介の場合は買手の物件内覧に何度も立ち会わなくてはなりませんが、買取なら内覧は査定時の1回でOK。売却活動が必要ありませんので手間と時間がかかりません。
引き渡し時もリフォームや清掃の必要はありません。

メリット6 契約後の解約がなく安心です。

仲介の場合はなかなか買手が見つからないケースもあり不安になりがちですが、買取の場合は買手が見つからず不安になることもありません。不動産仲介の場合は買主のローン解除などで白紙解約になる場合もありますが、買取の場合は業者が買主なので契約後の解約がなく安心です。

メリット7 瑕疵担保責任が免責されます。

不動産仲介の場合は売主の責任として瑕疵担保責任が生じますが、業者買取の場合は瑕疵担保責任が免責されます。
買主に対するアフターフォローも不要で、クレームも一切ありません。